金利が安い借入先はどこ?キャシングの金利について徹底調査の詳細

> 金利が安い借入先はどこ?キャシングの金利について徹底調査

金利が安い借入先はどこ?キャシングの金利について徹底調査

キャッシングの金利は低ければ低いほど有利なものです。その金利は金融会社によって違いますが、そもそも金利はどのように決められているのでしょうか?

当記事ではキャッシングの金利について徹底調査していた内容をまとめています。

目次

キャッシングの金利はどのように決められている?

金利は債務者の借入限度額に合わせて金利が◯%と決められています。そのため、人によって金利は異なります。

では、その借入限度額は一体どのように決まるのでしょうか?それは、その借入限度額は債務者の信用によって決まります。返済できる余力のある人は借入限度額が高いため、借入限度額内であればいくらであっても金利は低く、返済のあてがない人は高い金利で借入しなければなりません。

その信用とは収入、勤務年数、他社の借入状況など様々な審査の上で決まっています。

また、具体的な金利の数字や審査内容などは債権者が各々決めているので、同じ金額を借入する場合でも金利は会社によって異なります。

金利の上限は法律上どこまで?グレーゾーン金利とは何?

現在では法律上、金利は年20%が上限金利とされています。18%を超える金利で金銭を貸出した場合は過払いとなってしまいます。

それでは、グレーゾーン金利とはどのようなことでしょうか?消費者金融がお金を貸すときに法律上は違法となるけれども、実際には罰せられない部分と罰せられる部分を上手く使って儲かるように設定した金利のことです。

具体的には、利息制限法が定める金利15〜20%を超えて無効の金利になってしまうにも関わらず、出資法で定められている29.2%未満であるがゆえに裁くことができない金利を設定して稼いでいた、というわけです。

しかし、平成22年6月18日の出資法上限が改正されたことを受け、このグレーゾーン金利が現在はなくなってしまいました。そのため現在は過払いの対象となり、(元)債務者に訴えられ、多く撮った分をお返ししている状況になっています。

そのため、消費者金融は法外のお金を取ることができなくなっていますので、今から借り入れる方はご安心くださいね。

参考⇒ 過払い金返還請求とは?

キャッシングの金利計算シミュレーションはどこで行えばよい?

各カードローン会社のホームページ上でもシミュレーションすることができます。

プロミスでも金利計算シミュレーションや返済のシミュレーション、借り入れ可能額のシミュレーションなどが確認できます。

プロミスの金利計算シミュレーション
http://cyber.promise.co.jp/Pcmain/BPB01Control

みずほ銀行ではカードローン以外にも住宅ローンや教育ローンの金利や返済シミュレーションを行うことが可能です。

みずほ銀行ローンシミュレーション
http://www.mizuhobank.co.jp/loan/simulation/index.html

いますでに借入れしている場合でも借入残高を入れ込むことで、残りの返済期間と返済金額に応じた金利計算をすることが出来ます。

消費者金融カードローンと銀行カードローンの金利比較

消費者金融と銀行の違いは大きく分けて3つです。

まず、一番の大きな違いは金利の高さです。例えば消費者金融のプロミスでは実質年率は4.5〜17.8%、上限借入額は1万円〜500万円までとなります。

そして三井住友銀行であれば4.0〜14.5%、上限借入額は800万円までとなっています。

消費者金融は銀行ではローンできない方が借入する場所として使われていますので、金利はやはり高くつきます。

そしてもう1つの違いはカードローン審査の厳しさです。

審査が厳しいのは圧倒的に銀行です。そのため、カードを作成するときに借入限度額が設定されますが、大抵の場合はショッピング枠で100万円程度の少ない金額になっています。

借入限度額をアップする場合は電話審査になりますが、事前にカードを作る際に所得や職業の申告があるので、その内容をもとに審査されます。

しかし、審査が厳しいので借入額は少ないですし、信用情報が悪い(過去にショッピングなどの返済を滞ったことがあるなど)場合は引き上げてくれません。

しかし、消費者金融のカードローンであれば新たに借り入れになるので過去の信用情報が少なく、審査が甘いので借り入れがしやすいのが特徴です。

また、銀行のように借入をすることでショッピング枠が使えなくなるようなこともありません。

そのため、消費者金融の方が審査も甘く、上限借入金額が高いのです。

最後に違う点は即日で利用できるかどうかです。銀行と消費者金融は審査の時間自体は実際にはそれほど変わりません。

しかし、銀行の場合は事前にカードを作っておく必要があります。

その点、消費者金融はカードを作っていなくても即日発行やカードレスでの借り入れが可能となっています。

急ぎでお金を借り入れなければならない、けれど銀行のカードは手元にない(もしくは借入限度額が低くて不足している)といった場合は消費者金融のカードローンとなります。

キャッシングとクレジットカードローンの金利がお得なのはどっち?

基本的にクレジットカードローンに比べキャッシングの方が金利はお得です。

その理由は返済方法が全く異なり、キャッシングは一括払いの返済、クレジットカードのカードローンは分割払いの返済であるからです。いわゆるリボルビング払いというものです。

そのため、返済にかかる期間が全く違うので、クレジットカードのリボ払いは金利が高くなりますが、キャッシングは小口融資になるので借り入れの金額は少ないです。

一方、カードローンは大口融資もできますので、金利は違いますが利用する金額も違ってきます。

ただ、リボ払いもクレジットカード会社に問い合わせをすることで繰り上げ返済や一括返済も可能です。

金利ナシでキャッシングは可能なのか?

無利息でキャッシングしたい!というのはなかなか難しいことですが、絶対にできないわけではありません。

まず1つの方法としてクレジット会社に電話し、限度額を一時的に引き上げてもらい、クレジットを切らせてもらうこと。ただし、この場合は現金化できません。そのため、キャッシングとは少し異なります。

そしてもう1つは消費者金融の初回無利息サービスを利用することです。初めて契約をした場合、初回の借り入れのみ無利息というサービスがよくあります。

そのため、こういったサービスを利用すれば、無利息で借入することができます。もちろん、キャッシングなので現金化もできます。

ただし、サービスには期間や金額などが細かく決まっていますので、ご注意ください。

無利息サービスを行っているカードローン一覧

金融会社名 無利息期間 無利息借入サービスの条件
プロミス 30日 プロミスの初回利用時にEメールアドレス登録とプロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認をする必要あり
アコム 30日 アコムとの契約がはじめての方で「返済期日35日ごと」を選ぶ必要があり
アイフル 30日 アイフルをはじめてかつ無担保キャッシングローンを利用
新生銀行カードローンレイク 30日or180日 初めてなら30インチ間無利息、契約額1〜200万円のうち5万円まで180日無利息の二種類のどちらかから選ぶことが出来ます。

キャッシングをするうえで金利以外でも気を付けるべき点はあるか?

金利をきちんと見ておくことはもちろんのことですが、引き落とし日や入金期限などをきちんと確認しておきましょう。

消費者金融との借入は自己管理が非常に大切です。万が一、入金期限までに振込を怠ると信用情報に傷がついてしまい、途端にクレジットカードを作るなどの金銭の絡む行為ができなくなってしまいます。

また、督促状が家に送られてきてしまいます。家族にバレないように借りたいと思っている方は、ここでバレてしまう恐れもあります。

また、カードレスの場合は通知不要もできますが、その場合はさらに自己管理が必要になってくるので気を付けましょう。

キャッシングの返済方法に対する疑問を解決!

海外でのキャッシングだと金利はどれぐらいなのか?

海外旅行中などのキャッシングももちろん可能です。その場合は多くの方がクレジットカードに頼るのではないでしょうか。

クレジットカードであれば海外でも利用ができますからね。現地の通貨を引き出すことができるので、万が一の時は安心して使ってくださいね。

金利はクレジットカード会社にもよりますが、早期返済するのであれば金利手数料が無料というところも多いです。また、金利がかかったとしても1.5%〜と非常に安いのです。

海外キャッシング手数料も210円程度とお安いので、海外でのキャッシングはオススメです。

日本から送金をするとなると、手数料は750円〜5,000円程度、さらに為替レート変動の影響を受けて、非常にお金がかかります。その上引き出しの手数料が掛かるようであれば、ここはキャッシングの方がお得でしょう。

違法や闇金などの金利はどれぐらいなのか?

闇金の金利はトイチ(10日で1割の利子が付く)というふうによく言われていますね。実際の金利はいくらなのでしょうか?

もちろん闇金は法外の利子を取る、というよりも法律を守るなんてことがそもそもありません。そのため、法律通りの20%以下ということはありえないと思ってくださいね。

調査をしたところ、年利40〜50%あたりが多いと言われているようです。とんでもない数字ですね!

しかし、最近の闇金の金利は20%をやや上回った少ない金利で貸し付けしているところもあるとのことです。それなら安い!と飛び込むのは安直で危険です。

なぜならばそこで得た個人情報を売って商売をしているなど、詐欺行為のような方法で設けている可能性があるからです。

闇金といっても最近ではそのような詐欺業者のように成り果てている場合もあり、さまざまな危険が潜んでいます。

万が一の時は弁護士にと思っても、弁護士でさえ闇金とは関わらないと決めて活動している方も多いので、頼る場所がないと言っても過言ではありません。以上のことから簡単に闇金に手を出してしまうのはやめましょう。

参考⇒ 非合法な闇金からの借り入れも債務整理は可能なのか?

金利が安いキャッシング

金利は基本的に銀行、信販会社、消費者金融の順番に安い金利で提供されています。その分、審査の厳しさも同じ順番になります。ここではいくつか低金利キャッシングについてご紹介します。

銀行系カードローン

カードローン名 金利
住信SBIネット銀行カードローン(プレミアム) 3.0%〜18.0%
じぶん銀行カードローン 2.3〜17.4%
三井住友カードゴールドローン 3.5〜9.8%

全体的にネット銀行が強いようです。ただし、こういった低金利のカードを作るには何かのユーザーであるかゴールドクラスのカードが作れる収入を得ているなどの事前に信用が必要になっています。

消費者金融系カードローン

カードローン名 金利
モビット 3.0%〜18.0%
プロミス 4.5%〜17.8%
アイフル 4.5〜18.0%

消費者金融はどれも同じような金利です。そのため、金利だけで比較するよりもサービス(審査スピード、収入所得証明書不要の上限、提携ATMの数など)が会社ごとで大きく異なるので、そこを見極めてカードを作るとよいでしょう。

複数借入時はおまとめローンで一本化することで金利を下げる

借入先が一社だけではなく、すでに複数他社から借入している多重債務者の場合、おまとめローンや借り換えローンサービスを使い借入先を一本化することで返済管理もラクになることだけではなく、金利の面でも有利になる可能性が高いです。

大手消費者金融であるアコムやアイフルでも借り換え専用ローンが用意されています。

アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローン

アイフルかりかえMAX

特に消費者金融からの借入の場合、銀行系カードローンのほうが金利が低いケースが多いため、借り換えが有効とされています。

おまとめローンの審査や手順については以下の情報が参考になります。

参考⇒ おまとめローンの審査や必要な手順をやさしく解説

この調査内容のまとめ

まず、キャッシングの金利は契約者の収入や勤務年数、信用情報などで決定します。同時に借入限度額もこれらの審査で決定します。信用の高い人、支払い余力のある方ほど安い金利で借入することができます。

そしてグレーゾーン金利は平成22年より改正され、現在は(闇金などを除いては)存在しませんので、ご安心くださいね。

消費者金融と銀行ではカードローンやキャッシングには大きな違いがあります。金利は銀行の方が低いですが、その分審査も難しく、即日融資はカード持ちの方でないとできません。

海外での利用はクレジットカードのキャッシングをおすすめします。振込などになると損してしまう可能性があるので、海外旅行に行く前に事前にクレジット会社に金利のことなどを聞いておくといいですね!

キャッシングは金利も大切ですが、消費者金融の場合はほぼ金利は変わりません。初回無利息期間サービスなども利用できますので、借入先はサービス内容などで決定するとよいでしょう。

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら


運営者情報
あやふる画像
名前 あやふる
性別 女性
誕生日 4月10日
出身地 大阪
自己紹介 金利や審査などキャッシングに関する情報を調べるのが大好きです。