ソニー銀行 カードローンの詳細

> ソニー銀行 カードローン

ソニー銀行 カードローン

ソニー銀行は2001年4月に設立された、ソニーファイナンシャルホールディングス傘下の銀行です。個人利用者に対してフェアである≠アとを企業理念としています。ソニー銀行は日本経済新聞社の日経金融機関ランキングにおいて、顧客満足度第1位を8年連続で獲得しています。

ソニー銀行 カードローン
http://sonybank.net/

まずは・・・ 借り入れる場合の条件

・ソニー銀行に円普通預金口座を持っていること(初回は口座がなくてもOK!)
・年齢が満20歳以上65歳未満であること
・安定した収入があること(ただし、配偶者に一定収入があれば利用可)
・日本国籍または外国籍でも永住権を持っていること
・保証会社の保証を受けられること

どんな人にオススメ?

・一定収入があり、大きな金額を借入れたい人
・手数料の支払いを最小限に抑えたい人
・ネットでの契約に抵抗がない人

申込み時に必要な書類

すでにソニー銀行に口座を持っていて、 300万以下の利用限度額を希望する場合は、書類提出の必要はありません。

・300万円を超える利用限度額を希望する場合は、源泉徴収票、住民税課税決定通知書、確定申告書、納税証明書のいずれか1つを提出します。

・ソニー銀行口座を持っていない場合は、初回振込サービスを利用することができます。振込指定口座の通帳またはキャッシュカードのコピーと運転免許証を提出します。

申し込みの流れ

申し込みの流れはソニー銀行に口座を持っているかいないかで申し込み方法が少しだけ変わります。どちらの方法でも、借入審査に時間がかかる恐れがあるようです。

口座を持っている場合 口座を持っていない場合
サイトにログインし、借入審査を申し込む

最短60分で審査結果を受ける

勤務先に在籍確認の電話が入る

利用限度額が300万円超の場合、外国籍の場合は必要書類を送付

メールにて本審査結果が届く

契約手続き完了
サイトから借入審査を申し込む

最短60分で審査結果を受けた後、振込指定口座、振込金額を指定

勤務先に在籍確認の電話が入る

利用限度額が300万円超の場合、外国籍の場合は必要書類を送付

メールにて本審査結果が届く

契約手続き完了

借り入れ方法

ソニー銀行カードローンの借入方法は大きく分けて3つの方法があります。

・サービスサイトから 
⇒ サービスサイトにログインして借入♂譁ハから手続きを行います。
>>ソニー銀行カードローンのサービスサイトからの手続きのページはこちら

・提携ATMから
⇒ キャッシュカードを利用して、カードローン取り引き手続きをします。

・テレホンバンキングから
ソニー銀行のカスタマーセンターへ電話し、自動音声に従って借り入れ手続きします。

返済方法

ソニー銀行 カードローンの返済方法は2種類あり、約定返済と随時返済があります。

・約定返済
毎月の約定返済は、ソニー銀行の円普通預金からの自動引き落としでの返済となります。

・随時返済

oサービスサイトから
⇒ サービスサイトにログインして返済♂譁ハから手続きし、円普通預金口座からの引き落としで返済します。

o提携ATMから
⇒ キャッシュカードを持っていることが前提です。元金のみ返済可能で、利子の返済はできません。

oテレホンバンキングから
⇒ ソニー銀行のカスタマーセンターへ電話し、自動音声に従って返済手続きします。ただし、ATM同様に 元金のみ返済可能で、利子の返済はできません。

ATM利用手数料

ソニー銀行カードローンの借入・返済のATM利用料金が条件付きで無料です。

セブン銀行
イオン銀行
イーネット
ローソンATM
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ゆうちょ銀行
借り入れ 利用回数無制限で無料 毎月4回までは無料、5回からは1回108円
返済 - 利用回数無制限で無料

利用限度額と金利

ソニー銀行カードローンの利用限度額は800万円で、基準金利は2.5%〜13.8%となっています。

利用限度額 基準金利
10万円以上〜50万円以下 13.8%
50万円超〜100万円以下 12.8%
100万円超〜150万円以下 9.8%
150万円超〜200万円以下 9.0%
200万円超〜300万円以下 8.0%
300万円超〜400万円以下 6.0%
400万円超〜500万円以下 5.0%
500万円超〜600万円以下 4.0%
600万円超〜700万円以下 3.5%
700万円超〜800万円以下 3.0%
800万円 2.5%

ソニー銀行カードローンのメリット

・銀行カードローンなだけあって、金利が比較的低い
・高額の借り入れをするなら、金利がとにかく安い
・数多くの提携ATMで手数料無料で借り入れ・返済ができる
・借入限度額の設定が高い(800万円)
・利用限度額300万円までは収入証明が不要
・遅延損害金の年利が14.6%と、他行より低め

ソニー銀行カードローンのデメリット

・借り入れ手続きの仮審査がやや時間がかかると言われている
・借り入れ額が少額の場合は金利がやや高い
・借り入れ審査が 勤務先に確認電話が入る等、消費者金融よりも厳しい
・他行でよく見られる、借り入れ診断≠竍返済シミュレーション≠ェサイト上で行うことができない
・主婦や学生の借り入れが難しい、配偶者に収入がある場合も借り入れできるが、利用限度額が10万円と少額
・提携ATMやテレホンバンキングで返済を行う場合に、元金だけで利子の返済ができない

貸付条件まとめ

利用限度額 10〜8000万円(50万〜100万円刻み)
返済方式 残高スライドリボルビング方式
貸付利率 2.5〜13.8%
遅延利率 14.6%
契約期間 12ヶ月(1年ごとに自動更新)
利用対象 年齢満20歳〜65歳未満の一定収入のある方
担保・保証人 不要(保証会社が保証)

まとめ

一定収入があり、高額の借り入れをしたい人には、金利も安く、ATM手数料も0円に抑えることができるので、メリットが多いと思います。専業主婦(夫)や学生が融資を受ける際には制限も多く、さらに少額の借り入れは金利が高いのでデメリットも出てくると思います。

>>ソニー銀行カードローンの公式ホームページはこちら

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら