キャッシングの即日返済方法についての詳細

> キャッシングの即日返済方法について

キャッシングの即日返済方法について

キャッシングとは?

キャッシングとは、細かく分類すると一般的なクレジットカードに付随された枠内でのキャッシング、消費者金融や銀行等の金融機関で小口に融資されるカードキャッシング、大口融資も可能なカードローンに分かれていますが、最近の認識としては、これらを含み大きく捉えて「カードを利用してお金を借りるサービスの事」を総称している場合が多いといえます。

どの借り入れ方法も審査が必要となりますが、比較的手軽に利用出来るものが増えています。

即日返済とは?

即日返済とは読んで字のごとくといえますが、実際にお金を借入れたその日のうちに返済を行う事をいいます。最近ではインターネットからの手続きが出来るところが多く、即日借り入れや即日返済も手軽に利用出来るといえるでしょう。

キャッシングを即日返済した時の利息はどうなる?

キャッシングを利用した際の利息については、利用日数や借入額等に応じ、決められた利息計算方法によって日割計算で算出されます。一般的には次の計算式に当てはめて算出する事が出来ます。

借入額×金利÷365(日)×返済日数(借入日数)=利息

また利息についての決まり事項が、民法第140条に記されています。どういった内容であるかは下記の通りとなります。

「民法第140条」(暦法的計算による期間の起算日)

日、週、月又は年によって期間を定めたときは、期間の初日は、算入しない。但し、その期間が午前0時から始まるときは、この限りでない。

この様に記されています。つまりキャッシングを行った日(お金を借りた日)は、ここでいう期間の初日に当たる為、基本的には算入しないとあるように金利はかかりません。つまりきちんと借り入れた当日に返済を行う事が出来れば、利息は0円となります。

キャッシングの即日返済可能な時間帯

キャッシングにおいて即日返済をする場合、最も確実に処理を済ます事が出来るのが営業時間内に返済する事です。店舗の営業している時間(※終了間際を除く)であれば、処理もその日のうちに済ませる事が出来るといえるでしょう。

これに対し営業時間を超えてしまった場合には、個々の利用機関がどういった対応であるかによって即日返済が可能であったり、翌日扱いになってしまったりと異なります。最近では24時間対応の金融機関も増えている為、この場合はATM等を利用して営業時間外でも返済可能です。

またこれ以外にも、口座のある銀行等でインターネットバンキングを利用している場合や、コンビニATMから利用可能(指定の時間内に限る)な場合等、営業時間外でも取り扱いが出来る場合には既定の通りに処理をする事で当日返済が可能です。

より確実に当日返済を行う場合には、予め利用機関についての詳細を熟知しておく必要があるといえるでしょう。

キャッシングで即日返済をするメリット

ほとんどの場合、借り入れ利息0で返済が出来る事が一番のメリットです。

借り慣れない人にとって借金をしているという事実は大きなストレスになると考えられます。即日に返済を済ます事が出来れば、これを緩和する事が出来ます。

最近では無利息サービスといって初回のみ、決められた期間内であれば一定額を無利息で借入できる方式をとる金融機関もあります。

とても有難い便利なサービスですが、支払までに余裕があればあるほど気持ちがルーズになりやすく、うっかり時期を過ぎて利息が発生してしまう等のミスが起こりやすいといえます。

ですから即日返済してしまう事はこのようなトラブルを防ぐ為としても大きなメリットであるといえるでしょう。

キャッシングで即日返済をするデメリット

最も大きなデメリットは、時間的な猶予を考えた場合にとても手間がかかる事です。返済方法によっては遅い時間に会社なり無人契約機へ出向く必要がある等、当日の行動は非常に慌ただしいといえるでしょう。

利用する金融機関によっては返済にあたって手数料(振込手数料や時間外手数料など)が発生してしまう場合もあるでしょう。

即日返済で借入利息を0にしても、手数料がかかってしまったのでは本末転倒といわざるを得ません。利用残高にもよりますが、1日程度の利用であればかかる利息は少額であり、場合によって手数料の方が大きい事もあります。

翌日に手数料無料で返済が出来るのであれば無理に即日返済をする必要はないといえるでしょう。

無理して即日返済をした後で、その後すぐにお金が必要になるというケースもあるでしょう。計画的に余裕をもって即日返済をするのであれば非常に良いのですが、無計画に行うとこのようなトラブルも起こる可能性があります。お金を借りる事も返済する事も慎重に行いましょう。

キャッシングの即日返済するのにおすすめの場所

キャッシング利息の算出に関しては、既に前述した通りです。見ていただけると一目瞭然ですが、元金と金利に対する利息は、返済までの日数(借り入れ日数)によってどんどん増加していくのがお分かりいただけるでしょう。

つまり借りている期間が長ければ長いほど、実際の支払額は多くなるわけです。この事を念頭に置くと即日返済をする事は、前述でも延べた通り大きなメリットがあるといえるわけです。

しかしいくら最近のキャッシングが手軽に利用しやすくなったとはいえ、わざわざ借りたお金を当日中に返済するというのは、時間的に見てもなかなか手間のかかる作業であると考えられます。

即日返済をしてまでキャッシングを行うということは、何かしらやむを得ない理由があってのことだと思います。そしてその場合、返済資金を手にするまでにはある程度の時間がかかると思われます。

そこでおすすめの返済場所としてインターネットによる返済があります。これを行う為には予めインターネットバンキングの契約がある事が前提となりますが、利用が出来れば非常に手軽な方法です。

それぞれの金融機関によって利用方法は異なりますが24時間いつでも手数料無料で返済が可能な所もあります。これならお金を用立てた段階で安心して即日返済が可能になり最もおすすめといえるでしょう。

この他、手数料無料で利用出来るのであれば自社のATMやコンビニATM、提携ATM等もおすすめですが、利用時間に関しては時間によって手数料がかかったり、取扱時間が短かったりと不都合も生じる為、前もって調べた上で借りる場所および返済方法を決定するとよいでしょう。

土日祝日でも即日返済は可能なのか?

店頭の利用をお考えの場合には土日祝日は基本的に利用出来ませんが、自社のATMであれば利用出来る機関が増えています。

またコンビニATMや提携ATM等の利用が可能な場合もありますが、土曜のみの営業や手数料が大きくかかる等即日返済には適さない場合も多いです。

これに対しインターネットバンキングの利用が可能であれば24時間365日手数料無料で返済可能な所もあります。利用の前にはこのような詳細条件に付いても予め知っておくとよいでしょう。

深夜でも即日返済は可能なのか?

深夜の時間帯によってはATMからの利用が出来る場合もありますが、基本的には手数料がかかり対応していない場合も多いです。

しかしこの場合においてもインターネットバンキングの利用が可能であれば24時間365日手数料無料で返済可能な所もあります。即日返済をする為にインターネットバンキングの利用は欠かせないといえるでしょう。

即日返済がおすすめな方とおすすめじゃない方

即日返済おすすめな方

  • 借金をしている事がストレスとなるような方は、なるべく早期に返済する事がおすすめといえるでしょう。出来る限り即日決済で解決する事をおすすめいたします。
  • 忘れっぽい方は即日返済がおすすめといえるでしょう。返済期間が長くなると忘れがちになりやすいです。トラブルを起こさない為にもすぐに対応する事が望ましいといえるでしょう。
  • 一時的に借入が必要でも、すぐに返せるあてのある方は即日返済がおすすめです。利息を発生させない為にもすぐに返済するとよいでしょう。

おすすめじゃない方

  • 資金にあまり余裕がなく、無理して返済する事でまたお金が不足してしまうような場合には即日返済はおすすめ出来ません。会社によっては一定期間無利息(初回限定)で借りられるカードローンもあるので、無理して返済してまた借金をするといった事を繰り返すことはやめ、そういったサービスを無駄なく利用しましょう。
  • インターネットバンキングの利用等、お得な返済方法が利用出来ない人にとっては無理して即日返済をする事はおすすめ出来ません。手数料なしにきちんと返済が出来る場合には問題ありませんが、手数料が発生する場合には利息よりも高くなる場合も多く、その場合は翌日に手数料なしで返済出来る方法を選択する方がよいでしょう。

即日返済が可能でおすすめなキャッシング

大手のキャッシングの特徴や返済についてまとめてみました。ここでは返済の情報に重点をおいての情報になります。

金融機関 アコム プロミス 住信SBIネット銀行 新生銀行レイク 楽天銀行スーパーローン みずほ銀行
種類 消費者金融 消費者金融 銀行カードローン 銀行カードローン 銀行カードローン 銀行カードローン
金利(%) 3.0〜18.0 4.5〜17.8 1.89〜7.99 4.5〜18.0 1.9〜14.5 3.5〜14.0
限度額(万円) 1〜800 1〜500 1〜1,000 1〜500 1〜800 10〜1,000
総量規制 対象 対象 対象外 対象外 対象外 対象外
無利息期間 初回のみ
・契約日の翌日から30日間
初回のみ
・初回借入日の翌日から30日間(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
記載なし 初回のみ
・契約日の翌日から30日間
または契約日の翌日から180日間(5万円まで)
記載なし 記載なし
インターネットからの返済 可・ペイジー利用可能金融機関 可・ペイジー利用可能金融機関 記載なし 可・ペイジー利用可能金融機関 可・ペイジー利用可能金融機関 可・みずほダイレクト利用
提携ATMからの返済 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E−net
■手数料
一万円以下108円、1万円超216円
三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E−net
■手数料
1万円以下108円、
1万円以上216円
三井住友銀行のみ無料
イオン銀行
セブン銀行
ローソンATM
E−net
■手数料無料
セブン銀行
ローソンATM
E−net
■手数料無料
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E−net
■手数料無料
みずほ銀行、
セブン銀行
ローソンATM
E-net
■手数料具体的な記載なし

まとめ

今回はキャッシングにおける「即日返済」について調査してきました。

キャッシングはたとえ金額が少なくても借金である事に間違いはありません。そして借入期間が長くなればなるほど利息が増し、返済は大変になります。更に返済までの期間が長期化する事は段々と感覚も麻痺し、借金を繰り返すといったトラブルにもなりかねません。

しかしやむを得ない事情でどうしてもお金が必要な時には、キャッシングは思いのほか手軽に借りる事が出来る為、大変有難く便利です。本当に困った時には頼れる存在であるといえるでしょう。

反面、キャッシングは借りる事が手軽だからこそ、ついつい利用してしまい返済が困難になる可能性が高い事も忘れてはいけません。

そんな時にこの即日返済を利用する事で、トラブルを避けながらお金の資金不足も補う事が出来る為、すぐに返済が可能な方におすすめです。

インターネットバンキングの利用等により、一時的な資金不足を手軽に補う事が出来、利息もかからず、手数料も無料となればこれは利用しない手はないかも知れません。

このように即日返済は借入をする場合にもっとも安心出来る返済方法でもあり、数時間の資金不足であればこういった方法で足りない金額を補うのも悪くない方法といえるでしょう。

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら


運営者情報
あやふる画像
名前 あやふる
性別 女性
誕生日 4月10日
出身地 大阪
自己紹介 金利や審査などキャッシングに関する情報を調べるのが大好きです。