新生銀行カードローンレイクってどうなのかの情報まとめの詳細

> 新生銀行カードローンレイクってどうなのかの情報まとめ

新生銀行カードローンレイクってどうなのかの情報まとめ

新生銀行カードローンであるレイクの情報についてまとめているページとなります。

これからはじめてレイクでキャッシングをお考えの方がどのように活用するべきなのか?いろいろな角度からレイクのお得情報をまとめているので少しでも参考になれば幸いです。

目次

新生銀行カードローンレイクのメリット

無利息ローンが2つ用意されている

無利息ローンを行っている消費者金融は、ありますが、新生銀行カードローンレイクでは、2つの無利息ローンが利用できます。 ◆「5万円まで180日間無利息」と「30日間無利息」のプランです。

無利息ローンの種類 5万円まで180日間無利息 30日間無利息
適用契約額 1万円〜200万円まで 1万円〜500万円まで
適用利率 12.0%〜18.0% 4.5%〜18.0%
対象の方 新生銀行カードローンではじめて契約した方
無利息開始日ご契約日の翌日から開始
無利息期間中の返済日あり

審査スピードが速い

カード業界トップクラスのスピードで、最短50分で借り入れできるのはレイクのメリットです。インターネットで申し込みを済ませてから自動契約機に行けば、自動契約機内にいる時間は更に短くなります。自動契約機まで出向かずに、申し込みから審査、融資までの全てをWEB上で行うこともできます。

クリックした瞬間に審査結果がわかる、独自の審査システムもレイクの魅力です。8時10分〜21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分〜19時)の間なら、審査結果が即時確認できます。

提出書類は携帯のカメラ機能やデジカメで撮影して、メールやFAXで送れます。平日14時までに申し込みと必要書類の確認が完了すれば、即日振込が可能です。

24時間の申し込みが可能

インターネットを利用すれば、ご来店することなくその日のうちに、指定の金融機関口座へ振り込まれます。 申し込んだ後に、パソコンや携帯電話の画面で審査結果を確認して頂き、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類の提出も、メールやFAXでする事ができます。

提携ATMなら手数料が無料です

レイクでは借り入れも返済も手数料がかかりません。インターネットバンキングを利用したWeb返済、自動引き落とし、全国の提携ATM、レイクATMと多くの選択肢から手数料無料の返済方法を選べるのはレイクのメリットでしょう。

Web明細サービスで確認

Web明細サービスを登録すれば、借り入れや返済の1ヶ月間のとりひきは、会員ページからダウンロードする事ができます。 月ごとにPDFにまとめてあるので、印刷してもわかりやすい。 パソコンに保存し定期的に確認ができ、プライバシーも守られる。 ※翌月の5営業日以降にご利用可能となります。

メールお知らせサービス

メールお知らせサービスに登録すれば、うっかり返済し忘れたと言う事が無くなります。

  • 返済額を三日前にメールでお知らせ
  • 返済を忘れてしまった場合も、メールにてお知らせします。

返済方法が選べます

ご都合に合わせて返済方法が選択できます。 返済の方法は、Web返済、レイクATM、自動引き落とし、提携ATM、銀行振り込みの中から選択してください。深夜でも利用、一括払いもOK、来店不要など、有利な条件で選ぶ事ができます。

新生銀行カードローンレイクのデメリット

金利が銀行と比べて高い

新生銀行カードローンレイクの貸付利率は4.5%〜18.0%と、銀行のカードローンにしては金利が高くなっています。他行では15%を切ることも多いので、3%ほど高いといえるでしょう。

ただし、レイクには2種類の無利息期間があります。上手に利用すれば大幅に利息を減らせるので、トータルで見ると他行より利息が少なくなるケースも多くなります。借りる金額や返済回数によっては利息を0円に抑えることも可能なため、少額を短期間借りる場合は必ずしもデメリットとは限らないといえます。

気軽に借りられるが自己責任

保証人や担保がいらないので、気軽に借りられますが、その反面自分だけでキチンと返済しなくてはなりません。貯蓄や銀行残高、お給料などと照らし合わせながら、借入金額はできるだけ抑えておきましょう。

遅れると遅延利率に変更

期日までに、返済しないと遅延利率に変わってしまいます。ちょっとだけ遅れただけだと、そのままにしておくと、利息が増え返済金額が、思いよらない金額となってしまいます。 ※遅延利率は20.0%です。

無利息の返済には注意が必要です

無利息で借り入れた場合でも、返済日があるので忘れないようにして下さい。 無利息の期間中に、返済が遅れた時には、返済日の翌日以降から遅延損害金および利息を負担することになります。無利息だからとうっかり忘れてしまうと、多くの返済額となってしまいますので気をつけて下さい。

新生銀行カードローンレイクは無利息期間が選べる

レイクには初めて利用する方向けに、2種類の無利息サービスがあります。

  • 金額無制限で30日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息(契約額1〜200万円の方)

利用予定額と返済回数によって、どちらの無利息期間を選んだほうがお得なのかは変わってきます。レイクのWEBページ内でシミュレーションできるので、自分に合った無利息期間を選びましょう。

5万円まで180日間利息を利用

はじめての借り入れ、さらに5万円以下の借入なら、180日間無利息で利用できるこちらがおすすめの使い方です。 180日間無利子で借りられるのであれば、ボーナス時期まで借りられるかも知れません。 ボーナス分を、返済にあてる使い方ができます。

30日間無利息を使えば、経費節約できる

明日までに振り込まなくては、行けない時には銀行やコンビニ、提携ATMに足を運ばなくてはなりません。30日間利息を使用すれば、交通費や手数料、飲食代が節約できます。 無理に行くよりも、30日間無利息を利用すれば、経費節約できるかも知れません。 はじめての借り入れの方のみが利用できるサービスです。

新生銀行カードローンレイクはどんな方におすすめのサービスなのか?

初めての人におすすめ

新生銀行カードローンを利用するなら、はじめての方がおすすめです。 はじめての場合のみの、無利息で借り入れるローンが適用され、しかも2種類あるので、 ご自分にあった、無利息ローンを選択する事ができます。 はじめてならではの特権と言えるでしょう。

時間が無い方におすすめのサービス

パソコンや、スマートフォンを利用すれば24時間いつでも申し込みができます。 足を運ぶ手間もなく、外出しなくても自宅から申し込みができます。 明日の引き落としに間に合わないと諦める前に、申しこんだその日のうちに振り込むことが可能です。インターネットを利用して、即日振り込んでもらいましょう。

返済日を忘れがちな人に

忙しくて、返済日を忘れてしまいそうな人には、メールでお知らせサービスがおすすめです。 返済日の3日前にメールで知らせてくれます。 すっかり忘れていても、知らせてくれるので安心できます。

総量規制がかからない

他の消費者金融と違い、総量規制がかからないので、必要な額の借り入れができます。 金額が足りなく困っている場合は、新生カードローンレイクがおすすめです。 総量規制とは、個人の借り入れ額が、年収の3分の1までに制限される事をいいます。

新生銀行カードローンレイク申し込み方法、申し込み時に必要なモノ

新生銀行カードローンレイクには、パソコン・スマートフォンからの申し込みを始めとして、携帯電話、自動契約機、電話、郵送の5つの申し込み方法があります。

パソコン・スマートフォンの申し込み方法

レイクの公式HPからの申し込みや、新生カードローンレイクのアプリを使って申し込みます。 申込みフォームで、必要事項を入力したら審査へと進みます。 審査結果は、画面で確認または電話でのご連絡。 メールの指示に従って、インターネットでの即日振込みまたは、自動契約機での契約となり、 ご利用限度額内で、何度でも借り入れができます。

携帯電話からの申し込み方法

オンライン審査での申し込みと、オペレーター申し込みによる2つの方法があります。

オンライン審査での申し込み

申込みフォームで必要事項を入力し、審査へと進みます。画面にて審査結果が確認できます。 お知らせ時間外の場合は、翌営業日にメールでのご連絡。 メールの指示に従って、インターネットでの即日振込みまたは、自動契約機での契約となり、ご利用限度額内で何度でも借り入れができます。

オペレーター審査でのお申し込み

まずは、9つの項目にご入力します。 続いての対応は、お電話でオペレーターからお勤め先の情報などを尋ねられますので、お答えください。 審査結果は、9時から21時までならその場でお知らせ、時間外ならば翌日の9時以降の連絡となります。 インターネットでの即日振込みまたは、自動契約機での契約となり、ご利用限度額内で、何度でも借り入れができます。

自動契約機での申し込み

タッチパネル画面「初めてのお客様」ボタンを押し、運転免許証を自動契約機にセットし本人確認書類を掲示します。運転免許証を持ってない方は、健康保険証、パスポート、在留カード、特別永住者証明書のいずれかを持参して下さい。

備え付けのボールペンで申込情報シートに必要事項を記入し、そのシートを自動契約機にセットします。

その後、画面での審査結果を確認できます。

契約書が発行されますので、契約書に署名し自動契約機にセットします。契約書の受け取りがはっこうされますので、受け取り後には受取ボタンを押します。

カードが発行され、併設されているレイクの借り入れが可能となり契約の成立となります。

電話からの申し込み方法

フリーダイヤル0120-09-09-24に電話をかけ、「1」のはじめての申し込みを選ぶと、オペレーターと繋がります。

オペレーターが審査に必要な住まいや、お勤め先などの質問をするのでお答えください。 審査結果は、その場でお伝えします。審査状況によってかけ直す事がありますが、オペレーターの個人名で連絡となりますのでご安心ください。

インターネットでの即日振込みまたは、自動契約機での契約となり、 ご利用限度額内で、何度でも借り入れができます。

郵送からの申し込み方法

フリーダイヤルへ電話し、入会申込書を送ってもらうよう依頼します。申込書が到着したら、必要事項を記入し、必要な書類と共に返信します。 その後、審査し、結果は電話で連絡、契約書(お客さま控え)とレイクカードを郵送します。

申し込み時に必要なモノ

  • 運転免許証または本人確認書類(運転免許証がない場合には)
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書(外国人登録証明書) ※記載の住所が現住所と異なる場合、公共料金の領収書、住民票の写し、印鑑証明書が必要。
  • 収入証明書類(借入額が100万円を超える場合は、収入を証明する書類が必要です) ※源泉徴収票、住民税決定通知書、所得証明書などです。

新生銀行カードローンレイクその他のマメ知識

銀行系カードローンなので総量規制対象外

レイクというと、消費者金融と思われがちですが、新生銀行カードローンは、商標、店舗、人員をそのまま新生銀行に手渡したので、銀行カードローンとなっています。消費者金融だと、総量規制の対象となりますが、総量規制の対象になりません。人に知られても、それほどの抵抗はないと言えるでしょう。

ご返済シミュレーションできる

レイクでは、借り入れ診断というシミュレーションツールが使えます。生年月日・税込本人年収・他社からの借入れ件数と金額を入力すると、借りられる場合は「ご融資できる可能性がございますので、引き続きお申込みいただけます。」とでます。

借りるのが難しい場合は「ご入力いただいた情報ではお借入れ可能か判断できませんでした。」という結果が出ます。

返済シミュレーションも用意されていて、毎月の返済金額や返済回数を知ることもできます。申し込み前に借りられるかどうかや返済金額などが分かるのは、レイクのメリットと言えます。

家族に秘密で借りる場合に気を付ける事

もしも家族に内緒で借りる場合は、郵便物や自宅への電話でばれないように気を付けましょう。

申し込むときに自動契約機に入っていくところを誰かに見られていて家族の耳に入る可能性があるので、申し込みはネットで完結させます。申し込むときに家族に内緒かどうかを問う項目もありますし、在籍確認や電話連絡の連絡先に配慮してもらうためにオペレーターと相談もできます。

明細が郵送で送られてこないようにインターネット上のマイページの設定でWEB明細を選択しておきましょう。返済を延滞してしまうと電話が入ってしまう可能性があるので、延滞しないように返済します。通帳やパソコンの履歴の管理にも、気をつけましょう。

不安な時にはお借入れ診断

はじめての借り入れが不安な時や、借入の確認を取りたい時にはにはお借入れ診断を利用します。 HPの「お借入れ診断」を選択して、必要事項を記入して下さい。簡易的で保証するものではありませんが、どんな借入れになるのか検討する事ができます。

女性専用カードローンのレディースレイク

選べる無利息期間が魅力のレディースレイク

レイクと聞くと消費者金融のイメージがあるかもしれませんが、2011年から銀行のカードローンになったって知っていましたか?今や、レイクは銀行系の消費者金融ではなく、新生銀行の提供するカードローンなのです。ここでは、新生銀行レイクの女性用キャッシングサービス「レディースレイク」についてまとめました。

数値的なデータ

レディースレイクに申し込めるのは、レイクのカードローンを契約していない、国内に住む満20歳〜70歳の安定した収入のある方です。契約社員や派遣社員の方はもちろんのこと、主婦やパート・アルバイトでも安定した収入があれば申し込めます。

返済期間は5年、返済回数は60回が上限の、自由返済です。返済日は口座引落しで返済するときは毎月14日か27日、それ以外の返済方法なら都合の良い日を指定できます。

融資額は1万円〜500万円と、銀行のカードローンにしては少し控えめな上限金額です。返済を遅延した場合の損害金は20.0%、貸付利率は4.5%〜18.0%の間で、以下のように契約額と利用残高によって適応される利率が異なります。

契約限度額(極度額)が200万円以下の場合

基準残高(契約期間中の最大の借入れ残高) 適用利率
1〜999,999円 15.0%〜18.0%
1,000,000〜2,000,000円 12.0%〜15.0%

契約限度額(極度額)が200万円超の場合

契約限度額(極度額) 適用利率
2,000,001〜3,000,000円 9.0%〜15.0%
3,000,001〜4,000,000円 7.0%
4,000,001〜5,000,000円 4.5%

レディースレイクは女性のためのカードローン

レディースレイクは女性のためのカードローンなので、安心して申し込みや相談ができるように、女性のスタッフが対応してくれます。初めてのローンで男性のスタッフが対応すると威圧的に感じてしまったりする方もいますが、専任の女性スタッフが対応してくれるので心配いりません。

専業主婦の利用がグレー

申し込み資格には、「本人に」安定した収入が必要とは書いてありません。配偶者に安定した収入があれば申し込めるケースもあります。借入診断をする際に専業主婦(夫)の場合「0」を年収に入力するようにとあり、0を入力すると「融資できる可能性がある」という結果が出ます。

しかし、配偶者の収入も問わずに専業主婦の申し込みを受け付けている銀行カードローンもあるので、専業主婦の利用がグレーなのは残念な点といえます。

レディースレイクはこんな方におすすめ

利率は高いですが無利息期間があるため、レイクを初めて利用する、少額融資を希望している女性におすすめです。5万円未満の借り入れなら、半年近く無利息で借りられます。

また、誰にも知られずにカードローンを使いたい方にもレディースレイクはおすすめです。全ての手続きがインターネット上で完結するため、カードローンの申し込みを人に見られずに行えます。すぐに借りられるかどうかが分かり、最短50分で借りられるため、急いでいる方にも適しています。

新生銀行カードローンレイクとノーローン比較

新生銀行系カードローンにはレイク以外にもノーローンがあります。同じ新生銀行カードローンの中でもどっちのほうがおすすめなのかをいろいろな視点から比較したデータを掲載しておきます。

レイク
http://lake.jp/

ノーローン
http://noloan.com/

貸付条件対決

◯WIN ノーローン
ノーローンのHP上に記載されている申込み対象者は、「安定した収入のある方」のみとなっています。主婦でも申込み可能となっていますが、一定収入があることが条件となっています。レイクよりも条件が厳しくないと言えますので、この対決はノーローンの勝ちとします。

×LOSE レイク
レイクで借入れる際の条件は、1)平成25年10月24日以降に新規に契約した方、2)年齢が満20歳以上〜70歳以下であること、3)安定した収入があること、4)申込み時点で、新生銀行に他のカードローンの契約が無いこと、とあります。他の消費者金融に比べれば、申し込みやすいレイクではありますが、ノーローンと比べるとやや条件が多くなります。

申込み方法対決

△DRAW レイク
レイクでは、パソコン、携帯、スマートフォン、郵便、電話、自動契約機のどれかから申込み手続きを行うことができます。ウェブ完結にも対応しており、事前に返済シミュレーションを行うことができるので大変便利です。

△DRAW ノーローン
ノーローンもWEB完結に対応しているほか、自動契約機、電話、郵送を通して申込み手続きを行うことができます。申込み方法では両行に差はないので、この勝負はドローとします。

レイク ノーローン
WEB完結
WEB上で返済シミュレーション
ネット
電話
窓口
自動契約機
郵送

無利息サービス対決

△DRAW レイク
レイクでは他の消費者金融にも見られる30日間無利息サービスに加え、180日間無利息という他社では見られないサービスを提供しています。「2つの無利息ローン」から選ぶことができるという看板商品を持っていることが、レイクの強みだと言えます。ただし、初回限定のサービスとなっているので2回目以降の借入れは対象となりません。

△DRAW ノーローン
ノーローンの無利息サービスは、「何度でも1週間無利息」でキャッシングできます。ノーローンは何度でも利用できて魅力的ではありますが、期間は1週間と短いのが人によってはデメリットとなる可能性も。きちんと自己管理をしていないと、1週間を過ぎてしまうこともあるので、返済日を忘れないようにしないといけません。

どちらもメリットとデメリットがあるので、甲乙付けるのが難しいと言えます。よって、この対決はドローとします。

提携ATM対決

◯WIN レイク
レイク最大の特長が、全国のコンビニなどに設置のATMで「新生銀行」または「新生銀行レイク」という表示があれば、借入れ・返済が手数料無料で利用できるということです。ノーローンの場合、ほぼ手数料有料で手続きをしないといけないので、提携ATM対決はレイクの勝ちとします。

×LOSE ノーローン
一方ノーローンの場合、「新生銀行レイク」の表示のあるATMは無料で借入れ・返済を行うことができますが、新生銀行のATMや他の提携CD・ATMでは1万円以下では108円、1万円超では216円の手数料が発生します。

レイク ノーローン
手数料無料 手数料無料 手数料有料
新生銀行
新生銀行レイク
セブン銀行
ローソンATM
イオン銀行
Eネット
新生銀行レイク 新生銀行
セブン銀行
イオン銀行
Eネット
ローソンATM
セゾンカード
その他(愛知銀行、熊本銀行、山陰合同銀行、親和銀行、スルガ銀行、第三銀行、東京スター銀行、西日本シティ銀行、広島銀行、福岡銀行)

スピード対決

◯WIN レイク
レイクでは平日14時までにパソコン・スマートフォン・アプリ・携帯電話または電話からの申し込み、レイクの本人確認書類の確認が完了すると、その日のうちに借入れることができます。
自動契約機なら、申込みからレイクのカード発行まで約50分。レイクのカードは併設のレイクATMや提携ATMで利用することができます。

×LOSE ノーローン
ノーローンの場合、レイクのようにHP上に審査に要する時間やキャッシングまでの最短時間などの記載がないので、借入までの所要時間が明確ではありません。

ただし、即日振込サービスというのがあり、当日12:30までに審査結果がもらえると、即日借入れることができます。なお、楽天銀行に口座を持っていれば、この締め切り時間が当日17:00までに延長されます。

ノーローンもネットからの申し込みを24時間受け付けているので、お急ぎの方は事前にネットで申込み手続きを済ませておくと審査もスムーズに完了します。

楽天銀行に口座を持っていなければ、12:30までに全ての手続きが完了している必要があるノーローン。レイクの方が14:00までと締め切り時間的猶予があるのと、借入までの時間が短いと言えるので、スピード対決もレイクに軍配です。

金利・遅延利率対決

◯WIN レイク
レイクの遅延利率は20%となっており、下限金利は4.5%、上限金利は18.0%となっています。

×LOSE ノーローン
ノーローンの遅延利率も20%となっており、下限金利は4.9%、上限金利はやや高い18.0%と設定されています。僅差ではありますが、レイクの金利の方がノーローンよりも低い設定だと言えますので、この対決はレイクに軍配です。

結局、レイクとノーローンどっちがおすすめなのか?

審査スピードや金利、提携ATMの手数料など総合的に見て、レイクの方が利用しやすい印象です。レイクの貸付金額の上限は500万円となっており、ノーローンだと300万円なので、大きな金額を借りる場合もレイクの方が有利だと言えます。

ノーローンに向いている人は、返済の目処が立っていて1週間以内に返済できる、楽天銀行の口座を持っている、新生銀行レイクのATMを利用しやすい環境にある、など特定の条件をクリアしている人だと言えます。

新生銀行カードローンレイクまとめ

以上のように、新生銀行カードローンを様々な角度から検証してみました。 金利は、消費者金融と同じとなっていますが、銀行カードローンという事で、他とは違う利点がいくつかみられます。

まずは、消費者金融のように、総量規制がかからないので収入の3分の1という規制がなく、借入れの枠が大きくなります。収入があるのなら、どなたでも借り入れられ主婦や学生、外国人も借り入れる事ができるのも、特徴のひとつといえます。

また、初めての方ならば無利息ローンがあるのでお得です。しかも2種類の30日間無利息と180日間無利息という選択肢があるのは、他の賃貸業者よりも一歩リードしたと言えるでしょう。

サービスや機能も充実しており、インターネットを利用すれば365日、24時間の申し込みが可能、審査もスピーディに行え、即日の振込も可能、忙しい人なら自宅から完了できます。

サービス面では、Web明細やメールでの返済日のお知らせ、女性専門のレディスレイクなどがあり、行き届いたサービスとなっています。

新生銀行カードローンレイクは、銀行カードローンと消費者金融の良いところが一体となったローンサービスとなっています。

しかし、銀行のカードローンとしては金利は高くなっていますので、長期で借り入れた場合では利息が高くなり、滞った場合には遅延利率での請求となるので注意して下さい。

また無利息の場合でも、返済日がありそれを過ぎると遅延損害金および利息が負担となってしまうので、しっかりと返済日を把握しておきましょう。

新生銀行カードローンのレイクの概要

貸付条件

契約限度額 1万円以上500万円以内(1万円単位)
契約期間 5年間(契約成立から5年後の応当日)以後原則として一年毎の自動更新
最低借入金額 1000円
借入利率(実質年率) 4.5%〜18.0%
遅延損賠金 20.0%
ご利用対象 満20歳から70歳(国内居住の方に限る)
返済期間・返済回数 5年・60回

基準残高(契約限度額)と借入利率

基準残高 借入利率
1円〜100万円未満 15.0%〜18.0%
100万円〜200万円まで 12.0%〜15.0%
200万円超〜300万円まで(契約限度額) 9.0%〜15.0%
300万円超〜400万円まで(契約限度額) 7.0%
400万円超〜500万円まで(契約限度額) 4.5%
  • 返済方式:残高スライドリボルビング方式 元利定額リボルビング方式
  • 必要書類:運転免許証、収入証明書(契約額に応じて必要となる)
  • 担保・保証人不要
  • 借入条件:満20歳以上70歳以下。安定収入のある方(パート、アルバイトでの収入も可)
  • 契約には、所定の審査有り

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら


運営者情報
あやふる画像
名前 あやふる
性別 女性
誕生日 4月10日
出身地 大阪
自己紹介 金利や審査などキャッシングに関する情報を調べるのが大好きです。