一人暮らしの生活費が足りない場合の対処方法の詳細

> 一人暮らしの生活費が足りない場合の対処方法

一人暮らしの生活費が足りない場合の対処方法

あなたは今一人暮らしですか?もしくは一人暮らしを経験した事はありますか?

「一人暮らし」と一言で言ってみても、住む地域・住む家の形態・年齢・学生か社会人か・仕事の有無・正社員かアルバイト(もしくはパート)か・貯金の有無・頼れる人の有無等、その人を取り巻く環境や生活スタイル等あらゆる状況により、その内容は大きく異なるといえるでしょう。

しかしどんな状況下であっても一つだけ言える事は、生活する為には必ず生活資金が必要であるという事です。たとえ一人暮らしとはいっても、毎日暮して行く為には色々な費用がかかるのです。

無計画にお金を使っていては生活費が足りない!といった事態を招きかねません。ですから日頃から収支のバランスを考え、自分に合った生活資金の使い方をマスターして、より快適なシングルライフをおくれるといいですね。

今回はそんな「一人暮らし」の生活費のピンチに焦点を置き、様々な角度から調査してみたいと思います。

現在一人暮らしで生活資金に困っている方、これから一人暮らしをされる方、将来もしかしたら一人暮らしを経験するかもしれないとお考えの方、この他全然関係ないよという方ももしかしたら老後に一人暮らしを経験するかもしれません。

将来困らない為にも、是非この機会にこの調査結果を読んで、改めて一人暮らしの生活について考えてみてはいかがでしょうか?

目次

一人暮らしの生活費が足りなくなるケースいろいろ

一人暮らしで生活して行く為に必要な費用にはどのようなものがあるでしょうか?実際には生活する人によって内容は多少異なりますが、一般的にかかる費用の参考として、「総務省統計局が生活費の平均を出す時に調査している10項目」を取り上げてみたいと思います。

  • 1.家賃
  • 2.被服及び履物
  • 3.教養・娯楽(書籍・インターネット等)
  • 4.食費
  • 5.保健医療
  • 6.ガス代、水道代、電気代といった光熱費全般
  • 7.交通・通信
  • 8.家具・家事用品
  • 9.教育
  • 10.その他の消費支出(交際費・雑費等)
  

これらが一般的に誰にでもかかると考えられる支出の一覧です。では収入にはどのようなものがあるでしょうか?

考えられるものとして、学生の方であれば「親や親族からの仕送り」「アルバイト代」「貯金」「奨学金」等、社会人の方であれば「給与(パート・アルバイト代等含む)」「貯金」等があげられるでしょう。

このように1か月生活する為には、何らかの方法で得たその月の収入の中から支出となる費用を賄いながら生活して行くわけです。

計画的に進めていけば両者のバランスを保って行く事が出来るわけですが、実際にはなかなか思い通りにいかない事が多くあります。では具体的にはどの様な時に生活費が足りなくなるのでしょうか?

生活費が足りなくなるケース

  • 外食や出来合いのお弁当代等で食費がかさんでしまう時
  • 会社やアルバイト先・先輩・同僚・友人等との交際費に使いすぎてしまった時
  • 冠婚葬祭等、予想外の出費があった時
  • パートやアルバイトの方が体調を崩したり、もしくは他に何らかの事情で働く事が出来ず収入が減ってしまった時
  • ギャンブルや賭け事にお金を使いすぎてしまった時
  • 携帯代や電話代等の通信費を予想以上に使いすぎてしまった時
  • クレジットカードを使いすぎてしまい、支払いが多くなってしまった時
  • 友人・家族等にお金を貸してしまった時
  • 無駄に使いすぎ水道光熱費がかさんでしまった時

まだまだ色々考えられますが、一般的に生活費が足りなくなる場合にはこういったケースが考えられます。

一人暮らしの生活費が一時的に足りなくなった場合の対処法

生活費が足りなくなるケースとして大きく捉えると「継続的にいつも足りなくなるケース」「突発的に足りなくなる一時的なケース」の2つに分ける事が出来ます。

前者においては常に何かしらで使いすぎてしまい、いつも生活費が足りなくなってしまうという常習的である為、この場合には収支と支出のバランスを改めて見直さなければいけないと考えられます。

後者に関しては、普段予想もしていないような突発的な事態により一時的に資金不足が発生しますが、後日入る収入までの補填と考える事が出来ます。今回はこの後者の場合の対処法について見ていきましょう。

貯金を切り崩す

「貯金」を切り崩す方法があります。これは日頃から計画的に貯金をしている方に限定されますが、一時的に資金が不足した場合、誰にも迷惑をかける事なく無利子で利用出来るのですから、まずは真っ先にここから利用するのが望ましいといえるでしょう。

オークションやフリーマーケットで不用品を売る

自分の身近なもので「売る事が出来る物」を探してみるという方法です。現在の世の中は多くの中古品を手軽に買い取ってくれる「買取専門店」や「質屋」、インターネットの普及に伴う「オークションサイト」「フリーマーケット」等個人でも安全・手軽に利用出来る便利なものが沢山あります。

品物によってはブランド小物・貴金属・時計やカメラ等の高額商品・洋服・本・家具等その他諸々、一時的な資金集めとしては十分なものもあります。自分の周りに不要になったものがないかどうか検討し、これらを売って資金を得る事が出来ます。

身近な人からお金を借りる

最も手軽な方法として、親や親族等の身近な人に借りるという方法があります。親しい間柄でも金銭による貸し借りは大きなトラブルにも繋がりやすい為、安易に借りる事は問題がありますが、突発的に困った時には一人で抱え込まずに身近な人に相談してみる事が大事といえるでしょう。

保険の配当金を利用する

保険の配当金、もしくは「契約者貸付制度」を利用する方法があります。これはある程度の期間保険に払い込んだ資金がある方に限定されますが、解約払戻金というのが設定されている為限度額の範囲内で手軽に借りる事が出来ます。

保険会社によってはその日のうちにATMより引き出す事も出来る為、一時的な資金集めとして利用出来るでしょう。但し金額の大きさや長期の貸出の場合は利子や失効等のデメリットもある為、あくまで短期の運用と考えるのが好ましいでしょう。

配当金の場合はこれまでかけた保険代にたいして貰える利子のようなものである為、自由に利用する事が出来ます。

副業でお金を稼ぐ

正社員として勤務している方は一般的に違法となる為出来ませんが、アルバイトやパート、学生の場合(※学校が許可している場合に限ります)には、日雇いや副業等一時的にすぐに資金が得られる仕事をしてみるという方法があります。

インターネットの普及により、アルバイト情報サイト等も豊富に利用出来る為、「急募」で働ける場所を探してみるとよいでしょう。また知り合いに頼んですぐに働ける仕事を一時的に紹介して貰うのもよいでしょう。

キャッシングでお金を借りる

どうしても資金が集まらない場合に、キャッシングという方法があります。

これは借金である為安易な利用は大変危険ですが、どうしても困った場合には、アルバイト・パート等一定の収入のある方であれば、消費者金融のキャッシング(インターネット簡潔・即日対応・審査が比較的おりやすい・条件付きの1か月無利子キャンペーンの実施等)を手軽に利用する事が出来ます。きちんと内容を理解し計画的に利用出来るのであれば、大変便利な方法といえるでしょう。

参考⇒ キャッシング即日可能.com

一時的な資金集めとして現在考えられるのはこのような方法があります。どれを利用するかよく検討し、資金不足を回避していきましょう。

一人暮らしの生活費がこれからも長期的に渡ってきつい場合の対処法

長期的な生活費不足とは、前述で述べた大きく2つに分けた場合の「継続的にいつも足りなくなるケース」に値します。

原因としては、現在の収入に対する支出の割合が大きすぎるという事が最も大きな理由と考えられます。

まずは対策を考える前に、先ほどの一般的な支出一覧の10項目から、どの費用が使いすぎているのかを考える必要があります。これによりこれから上げる対処法も異なるといえるでしょう。

家賃を収入の3分の1以内に抑える

一般的な家賃の目安として、収入の3分の1までというのが望ましいといわれています。また様々な支出に対して余裕を持たせるのであれば4分の1でもいいというのが見解です。

これにあてはめ、1か月の収入に対する家賃代が高いのであれば見直す必要があるといえるでしょう。

但し引っ越しを考える場合にはその費用もある為、支出の金額をよく把握した上で利用出来る範囲内であれば住み替えをお勧めいたします。学生の場合は学生寮など、低価格で利用出来るものを検討するとよいでしょう。

外食を辞めて自炊にすることで食費を抑える

支出の中で食費が多すぎる場合は、なるべく自炊するようにし外食やお弁当等の利用を減らすとよいでしょう。

食費は最も金額を調整しやすい項目である為、心がけ一つで顕著に数字が変わってきます。また健康面を考えてもなるべく自炊する事をお勧めいたします。

スマホの月々のプランを見直す

支出の中で意外と大きな比重を占める物に通信費があげられます。

インターネットの普及により現在の世の中は、様々な通信機器があふれています。携帯やスマートホンであれば、月々のプランを変えたり格安のタイプを検討するなどにより、大幅に節約する事が可能です。使いすぎが気になる方は是非検討したい項目です。

ムダな買い物をしない

被服・履物・美容関連等の費用が使いすぎの場合、これは毎月の買い物代を減らすよりほかにありません。現在のようなストレス社会において、買い物依存症等のようなストレスによる衝動行為は意外に多いといいます。

特に女性は買い物好きな方が多いし、男性よりも化粧品やブランド物にも興味があるので、ものすごいショッピング代金になることも珍しくありません。

まずは根本的な原因を突き止め、対処する必要があるといえるでしょう。単なる浪費であれば、すぐにやめる必要があります。

実家に戻って家賃を抑える

学校や職場等の場所からの距離にもよりますが、場合によっては一人暮らしをやめ、実家等に帰るという方法が考えられます。

長期的に見て一人暮らしを継続する事が困難と判断した場合は、仕方のないといえるでしょう。借金等を増やすよりも効率的と考えられます。

転職や副業で収入アップ

転職や副業を考えるという方法があります。ある一定の費用が多すぎるのであれば節約しなければいけないといえますが、ある程度一般的な費用に対して収入が少なすぎるという場合には、前述のように一人暮らしをやめるか、もしくは収入を増やすという事を長期的に考えなければいけないといえるでしょう。

現状よりも良い条件で働く場所が見つかれば、根本的な問題解決となるでしょう。副業に関しては会社との規約等様々な問題がありますが、株式投資のような金融商品や、最近流行りのせどり等新たに利用出来る分野を開拓してみるという方法もあります。

長期的な解決策としてはこのようなものがあげられますが、これ以外にも節約を心掛けたり、浪費をなくすなど、自分自身の生活スタイルをよく見直して行く事が重要といえるでしょう。

社会人の場合は交際費等がかさむ傾向がありますが、やはり収入に対する支出の割合が超えてしまっては生活が出来ません。その事をよく理解し臨機応変に対応して行く事が必要といえるでしょう。

一人暮らしの生活費が足りなくて苦しい場合はどこに相談すればいいのか?

どんな場合においても一人で抱えこむのは非常に危険です。まずは親・兄弟姉妹・親戚等身近な人に相談してみましょう。一時的な生活費が足りないという場合には最も手軽に助けて貰える方法といえるでしょう。但し身内でのトラブルにならない為にも、きちんとした対応を心掛けましょう。

この他場合によっては公的機関の利用も検討するとよいでしょう。「生活保護」のような救援策もあります。お住いの市町村による相談窓口に相談してみる事をお勧めいたします。

会社等にお勤めの方は、信頼出来る上司や先輩に相談してみるのも1つの方法です。会社の社宅や寮に移ったり、仕事の形態を変えてもらったり、状況が好転するかもしれません。

方法は様々ですが、近年のようなストレス社会において、自分だけで悩まずに誰かに相談してみましょう。良い解決策が見つかるかもしれません。

一人暮らしの生活費を見直すうえでの注意点

一人暮らしの生活費を見直すうえで、これまでの生活スタイルを振り返り、使いすぎていた項目や根本的な原因を正す事は非常に大切な事です。またギャンブルや買い物等、常習性のある浪費は早急にやめる努力が必要です。更に安易なクレジットカードの利用も避けるべきといえるでしょう。

このように改善して行く事は非常に重要ですが、あくまで無理のない範囲に気を付けて行く事も大事な事といえます。一生懸命頑張りすぎて鬱病のような精神疾患を抱えてしまっては本末転倒です。ストレスを溜めずに長期的なスパンで見直していきましょう。

また生活費を見直す場合に、よく食費を極端に節約する人がいます。ある程度外食等の無駄を削減するのは必要ですが、必要な栄養も取らずに生活する事は健康を損ないます。病気になって入院したり働く事が出来なくなってしまっては生活どころでありません。

こういった事態にならないように、必要な部分は削ってはいけません。違う項目で収支の見直しを検討しましょう。

みんなの口コミから学ぶ一人暮らしにおすすめの節約術

昼食と夕食を自炊する。

一人暮らしの自炊は1食ずつ作るとなると、その労力を考えるとかなり非効率です。でも夕食を作りながら、同時に次の日のお弁当も作るなど工夫すると、かなりの節約になります。

昼食と夕食をコンビニのお弁当で済ますとなると、1食当たり500円でも2食で1000円もかかります。それを自炊することで1食あたり250円で作ると、2食で500円。一日あたり500円も節約できることになります。

毎日はできなくても、1ヶ月25日を自炊すれば12500円の節約になります。

コンビニに行かない

一人暮らしの生活だと、自炊の料理など面倒でついつい立ち寄ってしまうコンビニエンスストア。

自分もそうなのですが一度入ってしまうと目的のものだけでなくついつい余計なものを買ってしまったりすることが多いです。そしてなによりコンビニの品物は高い。

お菓子や飲料など同じものをドラッグストア・スーパー・ディスカウントストア等で買うと20%以上安く買うことができます。

そこで習慣的に立ち寄ってしまうコンビニを「1週間のうち○曜日はコンビニに行かない」というのを自分の中で決めておくと人にもよりますが、可処分所得は確実に増えると思います。

一人暮らしだと入浴せずにシャワーにすると水道代・ガス代が大幅節約

家族のように多人数の人が家にいる場合ならお風呂をシャワーにしてもそれほど節約は出来ません。むしろ値段が上がる可能性があるほどです。

しかし一人暮らしだと断然シャワーに変えた方がお得になります。

入浴をする場合、湯船にお湯を溜めるのに20分以上はかかります。シャワーなら大体10分あれば頭から体まで洗うことが可能です。

給湯とシャワーでは効率に差が多少あるでしょうが、それでもガスを使ってる時間が半分になるシャワーの方が断然お安く済みます。もちろん水道代もです。

入浴方法を変えるだけなので節約のための設備投資金額は0なのでいきなりはじめることも可能なので、一人暮らしにはシャワーがとてもお勧めです。

ペットボトルの飲み物を買わず自分で作る

毎日1本ペットボトル500ml買うだけでも100円から160円くらいはかかります。自宅でお茶を沸かす手間はありますが、一度の2杯ほどのお茶を作れますし。お茶パック1回あたり10円程で作れるからでかなりの節約になります。

特に夏になると喉は渇くので何度も飲み物を購入するのは節約にはつながりません。自分で作るお茶であれば大量に用意することも出来ますし、テイストも自分好みのものを選べば何も問題なく節約できると思います。

もやしと肉でダイエットしながらおなかいっぱいおいしく節約術

一人暮らしの節約術で一番おすすめなのはもやしです。

ご存知の通りもやしは安いです。しかも調理が簡単で量があってミネラルと繊維を多く含むという理想的な食材です。おすすめの調理方法は、100均などにあるレンジ調理用タッパにもやしを入れて、その上にお肉を載せてチンするだけ。

お肉ともやしからしみ出した水分がおいしいスープになって、塩コショウだけでおいしく食べられます。お肉は冷凍した鶏のむね肉が最高です。

むね肉は一度凍らせることでチンしただけでホロリとくずれる食感になりパサパサしません。味噌を塗ってから凍らせるのもおすすめです。

このレシピならおなかいっぱいになる量を食べたいだけ食べても糖質ゼロ!しかも良質のたんぱく質とミネラル、食物繊維がたっぷりの理想のダイエット食、しかも一食100円以下に抑えられる節約レシピ。是非レパートリーに加えてみてください。

おかずは小分けして冷凍保存

一人暮らしで一番困るのは食材が余ってしまうこと。いくら自炊しても一人だと食材を全て使い切れずに腐らせてしまう…なんてことも多いと思います。

かと言って外食やコンビニ弁当などでは食費も高くなるうえに栄養バランスも心配です。そんな人におすすめなのが、作ったおかずを小分けにして冷凍保存するというものです。

時間のある時にまとめておかずを作り置きしておけば、忙しい日や自炊するのが面倒くさい日にも簡単に家で食事をすることが出来ます。

また、お弁当用の小さなカップに入れて冷凍しておけば、忙しい朝の時間にもお弁当箱にそのまま詰め込めます。お金も時間も節約できます。

冷凍保存しているのである程度の期間保存がきくので便利です。

エアコンのつけっぱなし

夏はクーラー、冬は暖房としてエアコンをつけると思いますが、よく皆さんがやりがちなのはエアコンをつけたり消したり繰り返すことだと思います。クーラーの場合は暑くなったらつけて、寒くなったら消す。これが1番電気代の無駄になります。

逆にずっとエアコンをつけっぱなしの方が電気代が安かったです。

クーラーも暖房もエアコンの温度を高めにしておき、つけっぱなしにしておく方がつけたり消したりするよりも断然電気代が安くなります。

賄いつきのバイトをする

独り暮らしの学生さん向けになってしまいますが、やはり一番の節約方法は賄いつきのバイトをすることだと思います。

毎日自炊すれば、多少安く済ませられますが、一人だと材料が余ったり、同じものを3日くらい続けて食べることになったりとなかなか大変です。

かといって買ってばかりでは食費がいくらあっても足りませんし、栄養のバランスも心配です。

そこで、おすすめなのが賄いつきのバイトなのです。作らなくても片付けなくても、いろいろな食事がタダで食べられるなんて本当にオススメです。

家計見直し

家計見直しです。見直したいから節約をするのだという声が聞こえてきそうですが、それは逆です。まず自分の収入と支出を紙に書き出すことで、お金の流れ理解する必要があります。

これを分からず闇雲に節約したって、労力に対する効果に疑問が生まれ気持ちがついてきません。

大事なことは節約をして自分が何をしたいのか、どういう生き方をしたいのか、ではないでしょうか。

そこの自問自答を繰り返すことで、自分に不要な支出が見えてくれば自ずと節約はできます。

また自分に必要な支出が見えてくれば、そこはもっとお金をかけよう。その分別のところを節約しようと思えます。

そう思えたところで初めて、では自分に不要な支出を減らすためにはどうしようとなり、冒頭の数々の素晴らしい節約術の中からきっと、自分に合った方法を見つけ出すことができるでしょう。

人の方法を真似るのは簡単です。まずは自分がどうしたいのかはっきりさせましょう。

まとめ

以上が「一人暮らし」の生活費不足に伴う、困った現状についての調査でした。学生の頃や社会人になりたての頃は、よく一人暮らしに憧れるものです。

大都市に出て夢をつかみたい、一人で自由な生活をしてみたい等という考えは決して悪いものではありません。人生は一度きりですから、いろいろな事にチャレンジする事はとても大切な事です。

一人暮らしの経験もその後の人生においてとても良い経験となるでしょう。

実際に生活してみると、意外と大変で思うようにいかない事が沢山あります。生活費も予想以上にかかる現実に正直がっかりする事も多いでしょう。

やむを得ず実家に帰る方も多いでしょう。しかし中には頼れる場所がないという場合もあります。簡単に諦めずしっかりと生活を見直し、一人暮らしの良さも体感出来るように頑張ってみてはいかがでしょうか?

今はいろいろな方法があります。無理のないようにチャレンジして、有意義なシングルライフをおくれるといいですね。

今後、結婚を控えている方は「結婚後の夫婦二人の生活費が足りない場合の対処方法」の記事も参考にしてみてくださいね。

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら


運営者情報
あやふる画像
名前 あやふる
性別 女性
誕生日 4月10日
出身地 大阪
自己紹介 金利や審査などキャッシングに関する情報を調べるのが大好きです。