即日キャッシングの方法

大至急お金が必要なときは即日キャッシングがおすすめ

どうしても急に現金が必要になったけど、いま手元にお金がない!そんなときには審査が早くて即日キャッシングが可能な消費者金融や銀行カードローンによる即日融資を活用するのがおすすめです。 キャッシングサービスのメリット、デメリットをきちんと学び、リスクの少ない借入プランを建てていきましょう。

更新
1時間融資も可能!一番人気の即日キャッシングはこちら

申し込んだその日に借りられる!キャッシングの即日融資

キャッシングの画像

急いでお金が必要になった時に便利なキャッシングの即日融資。メリットやデメリット、審査内容からおすすめのキャッシングまで詳しくまとめました。

キャッシングで即日融資を受けるメリット

申し込みを行った日に借り入れできる、利便性の高さが一番のメリットです。

多くのキャッシングは審査にかかる時間も短く、30分から1時間程度で結果が分かります。借りられないことが分かったら次の金策を行わなければいけませんし、借りられるかどうかが早く分かるのも魅力ですね。

色々な申込方法が選べて、ネット上で融資が完結するサービスもあります。自宅から簡単に手続きできるのも良い点です。

★おすすめPICKUP!

奥さんや会社にバレたくないご家族をお持ちの30代以上に最適なのはSMBCモビット

468x60 夏菜さん 静止

ネットだけで出来る「WEB完結申込み」は、郵送物、電話確認なし!
※三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座が必要
※全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証が必要

「カード申込」の場合、ローン申込機を利用すれば土日祝日でも即日でのキャッシングも可能です!(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いとなる場合があります。)

>> SMBCモビット公式サイトはこちら

キャッシングで即日融資を受けるデメリット

即日融資のデメリットとして、借入金額が低めで利息が高くつくことが挙げられます。時間をかけた審査を行わない分貸し倒れのリスクも高まるため、審査や借入にかかる条件が厳しめになるのは仕方がないといえるでしょう。

手軽に利用できることはメリットでもありますが、気軽にお金を借りて浪費してしまう恐れもあります。

金利が高いため、まとまった額を長期間借りてしまうと利息が大きくなって、返済が大変になります。

また、即日融資と銘打っていても必ず申し込んだ日に借りられるとは限りません。

各金融機関が定めている時間までにすべての手続きを行う必要があります。金融機関によってはさまざまな書類を準備しなければならず、当日に融資を受けるのが難しいケースもあります。

即日融資可能な個人向けキャッシングで行われる審査内容

申し込み込条件を満たしているか、幾らまで融資可能なのか等を審査します。コンピュータを利用した審査、人的な審査、在籍確認による審査があるのでそれぞれについてみていきましょう。

コンピュータを利用した審査

申し込み者の個人信用情報を使って、債務状況の確認などを行います。住所、氏名、生年月日、電話番号などはもちろんのこと、どんな形態でいくら借入れたか、事故歴や延滞歴、借り入れを申し込んだ履歴なども調べます。

消費者金融では借入金額が少なければ年収などについては調査しませんが、銀行は職歴や収入などもしっかり調べる傾向にあります。

人的な審査

本人確認書類や収入証明書類などの提出した書類を確認します。氏名などがはっきり写っていないと本人確認に時間がかかってしまうため、気を付けましょう。

在籍確認

きちんと会社に在籍しているか、確認の電話をします。金融機関名を名乗らないなどの配慮はしてくれますが、書類提出で在籍確認が免除されることもあります。会社に電話をかけられるのが困る方は相談してみましょう。

※参考⇒ キャッシング契約時に必要な審査基準や手続きの流れ

土日祝日でも即日融資が可能なキャッシングは?

消費者金融はもちろん、銀行でも土日祝日に即日融資してくれるキャッシングを取り扱っているところがあります。

最短審査時間が30分で即日融資が可能なキャッシングを、大手消費者金融3つ、銀行3つ、金利や限度額と共にご紹介します。

金利 限度額 無利息期間
プロミス 年4.5%~17.8% 500万円 あり
アイフル 年4.5%~18.0% 500万円 あり
アコム 年3.0%~18.0% 800万円 あり
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5% 800万円 なし
三菱東京UFJバンクイック 年4.6%~14.6% 500万円 なし
新生銀行レイク 年4.5%~18.0% 500万円 あり

※参考⇒ 土日祝日でも即日融資が可能なキャッシングはあるのか?

夜中でも即日融資が可能なキャッシングは?

プロミス・アコム・アイフルといった消費者金融のキャッシングなら夜間の即日融資もできます。電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

24時間ネット振り込みが可能なほか、カード発行ができる自動契約機が開いている時間に取りに行けば、夜間でも現金の融資を受けることができます。

自動契約機の営業時間は概ね22時前後までですが、金融機関や店舗によって異なるため注意しましょう。

また、審査が21時までしか行われないこともあるため、遅い時間に申し込む場合は当日中に借りられるかをオペレーターに確認しておきましょう。

※参考⇒ いますぐ現金が必要な方へ!スピードキャッシングで融資を受ける方法

ビジネスローンや事業融資でも即日借入は可能?

個人だけでなく、ビジネスローンや事業融資でも申し込みした日に融資を受けられるローンはあります。

プロミスの提供する自営者カードローンなら希望すれば即日融資が可能です。そのほか、オリックス・クレジットのORIX CLUB CARDも平日14:30までにWEB上で契約を完了させれば当日に事業性資金を調達できます。

※参考⇒ 自営業者の個人向けキャッシングについて調べてみました

即日キャッシングがおすすめの方

急な冠婚葬祭など不測の出来事で急いでお金が必要になった方が、給料日までのつなぎに使う場合、即日キャッシングがおすすめです。

近親者や長年の友人との間でもお金の貸し借りは難しく、貸してもらえない可能性があるばかりか、借金を申し込んだだけでも距離を置かれることもあります。

貸し側との人間関係を壊す恐れのあるお金のやりとりを避けて、後ろめたい思いをせずに当座の資金を手に入れたい方に、即日キャッシングをおすすめします。

即日キャッシングが出来ない、もしくは難しい方

無職の方や信用情報に傷がついている方、複数社から借り入れをしている方など、即日キャッシングがおすすめできない方もいるので、それぞれについてご説明します。

無職の方(主婦は除く)

消費者金融には総量規制という、年収の3分の1を超える金額を貸せない法律があります。従って、無職の人や収入が無い専業主婦は消費者金融からは借りられません。

銀行ならば総量規制の対象外なので、配偶者に安定した収入があれば主婦の方でも即日キャッシング出来ます。

しかし、収入の無い無職の方は消費者金融よりも審査が厳しい銀行で借りることは、まず出来ないでしょう。

※参考⇒ 無職でもキャッシングは出来る?働いていなくてもお金を借りる方法

信用情報に傷がついている方

信用情報に傷のついているブラックの方には、貸し倒れの危険があるためなかなか融資を行ってくれません。即日融資は審査時間が短く、条件が厳しくなる傾向にあるため、より融資を受けるのは難しいと言えるでしょう。

一つ注意が必要なのは、キャッシングやクレジットローンだけが金融事故の対象になるわけではない点です。携帯電話代が24回分割払いなどになっている人は、携帯電話料の滞納・延滞も対象になります。

また、数ヶ月以内に他の金融会社にキャッシングの申し込みを複数回した人も申し込みブラックと呼ばれます。実際に借りられなくても、申し込んだ情報が最長6ヶ月信用情報に残るからです。

複数社から借り入れをしている方

特に消費者金融の場合は、借りている金額よりも借り入れ件数が重視される傾向にあります。申し込み段階で3社以上の金融会社からキャッシングをしている場合は、即日融資が難しくなるでしょう。

その場合は複数の借入先をひとつにまとめられるうえに金利も低くなるおまとめローンも選択肢に含めると良いでしょう。

※参考⇒ おまとめローンの審査や必要な手順をやさしく解説

キャッシング以外でその日中に現金を用意する手段は?

不用品を売れば、ある程度の現金が用意できます。使っていない金券やハガキ、切手などは金券ショップで買い取ってくれます。

コミックやDVDは古本屋で、アクセサリーやバック、洋服などはリサイクルショップで買取ってくれるため、少額ならすぐに用意できるでしょう。

売れるものが無い場合は、日払いのアルバイトをすれば1万円前後のお金が手に入ります。また、定期預金を担保にしてお金を借りられるサービスもあるため、定期預金のある方は銀行に問い合わせてみましょう。

※参考⇒ お金がない!大至急お金が必要なときの対処方法

まとめ

ここまでキャッシングの即日融資について読んでもらいましたが、いかがでしたか?

便利な反面、浪費に繋がったり、借入金額が低めで利息が高かったりとデメリットもある即日融資。

土日祝日や夜間でも申し込み可能なので、急にお金が必要になった時には心強い味方です。金利は高くても無利息期間のあるキャッシングもあるため、借り入れる金額や期間を考えて、上手に利用しましょう。